ONE DAY in バンコク

バンコクを中心に、タイの楽しみ方を綴ります

ボルダリング in バンコクしてみました

知人から「ロッククライミングに行かない?」と誘われました。

しかし私は、高所が苦手な上に、山登りの経験もありません。

最初は躊躇していましたが、よくよく聞いてみると、バンコクのボルダリング施設でした。

それなら手が滑ってもすぐに効く命綱もあるはず!ということで、タイでボルダリングに初挑戦します。

 

ボルダリング in バンコクしてみました

ボルダリングができる場所

バンナー(Bangna)地区にあるROCK DOMAIN Climbing Gymは、バンコクの中心街からは、車で30分くらいの距離です。

到着したのは開店時間の朝10時ちょうどでしたが、既にやる気あふれる方たちが、登る準備を進めています。

とりあえず、申し込み用紙に名前や住所を記入して、恐る恐る英語で

「初めてなんです〜」

と言うと、流暢な英語で

「大丈夫ですよ〜」

と返してくれました。

タイ語が使えない私は、とりあえず一安心! 顔写真を撮ってもらって、受付終了です。

ちなみに、初心者でも2人以上のグループで来たら、安全確保器具(ビレイ デバイス)の使い方などの初心者講習もしてくれます。

フルレンタルでボルダリング

フルレンタルでボルダリングを始めます

サンダル履きの軽装で来た私は、ボルダリングに必要なものを貸していただきます。

  • シューズ
  • ハーネス
  • ビレイ デバイスとカラビナのセット

他にも、ロープやチョークバックを借りることもできますが、そんなに難易度が高いことをするつもりもなく、一緒に来た知人にビレイヤーになってもらえるので、今回はセルフビレイ用のロープも使いません。

周りのベテランの方たちを見様見真似して、短パンを履く要領でハーネスを通して、ベルトをしっかりと締め付けました。

ボルダリング用のハーネス

基礎知識を習得しましょう

さて、高所恐怖症の私がボルダリングをしにきたのには、楽しみたい!ということ以外の目的があります。

それは、本場のロープワークを体験してみたい!ということ。

ハンモックを使ってのキャンプが好きなので、

  • フィッシャーマンズノット
  • ボーライン(もやい結び)
  • プルージック

など、数種類の基本ロープワークは知っています。

ハンモックを楽に設置するために、ラッペルリングと登山用カラビナも持っていますが、おそらく特殊な使い方になっていると思われます。

ラッペルリングと登山用カラビナ

そこで、この日はロープや登山器具に自分の命を預ける方法を、しっかりと勉強していきたいと思います。

ボルダリングの装備やロープワーク

それでは、実際に教えてもらったロープワークを復習してみます。

今回お世話になったクライミングジムは、低いコース以外には頂上に滑車が取り付けられているので、トップロープ ビレイを行います。

最初に、登る人と、下で安全確保するビレイヤーともに、ハーネスを身につけます。

なお、ロープワークや器具の使い方、そしてビレイヤーのロープの操作方法も、間違えると命に関わるものなので、初めての方はインストラクターについてもらうことを強くお勧めします。

私たちもインストラクターについてもらいましたが、最初の講習でしっかり理解できたと感じたうえで、実際にやってみたら、ロープの操作方法が間違っていていたりして、その場でもう一度教えてもらいました。

登る人は、エイトノットで安全確保

ボルダリングに挑戦するにあたって、いちばん興味を持っていたのが、自分の体重を支えるロープの結び方です。

キャンプで使えるロープワークを学習した本には、「ボーラインは、張力がかかる方向によっては緩む場合があるので、最近はあまり使われていない」と書いてあった記憶があります。

弾けそうなほどの好奇心とともに、インストラクターのロープワークを見ていて、エイトノットだ!とわかりました。

エイトノットで安全確保して初心者ボルダリング

  • ロープの端から1mくらいのところに、8の字状の結び目を、少し緩めに作っておく(エイトノット)
  • ロープをハーネスに通す
  • 先程のエイトノットを逆に辿る要領でロープを通していく(フィギュアーエイトフォロースルー)
  • 余ったロープの端は、止め結びをしておきます。

後から調べてわかったのですが、もっと競技大会など本格的な場合は、止め結びとしてダブルフィッシャーマンズノットを使うようです。 

ビレイヤーは専用器具を使います

登山用の道具は、機能重視でアルマイト色が渋く、かっこいいものが多いですよね。

普段の生活どころか、普通のキャンプでも全く使わないビレイ デバイスも、使い方を教えてもらえるだけで、クライミングジムに来た甲斐があります。

  • 利き手側に端が来るように、ロープを折り返す
  • ビレイ デバイスに、折り返したロープを通す
  • 折り返し点を、カラビナに通す

ビレイヤーの専用器具

繰り返しになりますが、初めての方はインストラクターに教わってくださいね。

登る前のチェックポイントや操作方法など、ここでは紹介しきれない重要項目を、インストラクターから丁寧に教えてもらえます

それでは登ってみましょう

ビレイヤーとお互いの安全確保の最終確認をして、「クライミング!」「クライ オン!」と声を掛け合ってから、登り始めます。

下から見上げた時には、それほど高くないと感じていましたが、実際に登り始めると、すぐに自分が高所恐怖症だったことを思い出します。

半分くらい登ったところで、ビレイヤーがしっかり支えてくれていることは、全く忘れてしまいました。

恐怖心に勝てなくなったので、ビレイヤーに「テンション」と声をかけてから、降り始めます。

降りる時に全体重がロープにかかりましたが、この時初めてハーネスやロープがしっかりと体重を支えてくれることを体感できて、当たり前ですが、手が滑っても大丈夫だということが、ようやく頭にインプットされます。

2回目からは、器具やビレイヤーを信頼して、登ることに専念できました。

ROCK DOMAIN Climbing Gym

2時間ほど楽しんだROCK DOMAIN Climbing Gymは、倉庫や工場のような大きな建屋の中に、ボルダリング用の壁が設置されています。

日本のクライミング ジムには行ったことがありませんが、ここは相当大きな施設のように感じます。

ROCK DOMAIN Climbing Gym

私は挑戦しませんでしたが、中央付近には、下から見上げただけでも怖くなりそうな高さのコースもあります。

この日は、一人で来られている方、カップル、友達同士などで、合計で30人くらいの方たちが、同時に楽しんでみえましたが、コース数が多いので、まだ十分に余裕がありました。

インストラクターやスタッフさんも親切で、私のように少し体を動かすつもりだけの初心者でも、充分に楽しむことができました。

高所恐怖症にもかかわらず、次の日には、また行ってもいいかな?と思い始めています。